これまでの4名への温かいご声援誠にありがとうございました。

この度、第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会をもちまして、アーマツ・マサジェディ監督が退団、No.6高橋慎治選手(セッター)、No.20江頭広樹選手(ウィングスパイカー)が引退、大橋秀俊マネージャーが社業に専念することとなりましたのでご報告いたします。

これまでの4名への温かいご声援誠にありがとうございました。

監督 アーマツ マサジェディ

この度、第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会をもちまして、ジェイテクトSTINGSを退団する事になりました。
1年半という短い期間でしたが、私にとって非常に良い経験となりました。
ジェイテクトSTINGSの一員として共に戦えた事を誇りに思います。


そして、何よりファンの方々の温かいサポートには、いつも感謝しておりました。
これからのジェイテクトSTINGSの益々の発展を願っております。
ファンの方々をはじめ関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

No.06 髙橋慎治

この度、第67回黒鷲旗をもちまして現役を引退させていただくことになりました。

今まで私を支えて下さったJTEKT、会社関係者の皆様、職場の皆様、ファンの皆様、STINGS、そして家族、今まで関わった全ての方に対し、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


3大大会で優勝することができなかったことが唯一心残りですがこの年齢までボールを追い続け、トスを上げ続けることができ、本当に幸せでした。
今後もスタッフとしてSTINGSの一員として戦っていきます。立場は変わりますが、目指している所は変わりません。
目標達成に向けて貢献できるよう取り組んでいきますので、引き続きSTINGSへの温かいご声援をお願いいたします。

No.20 江頭広樹

この度、第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会を持ちまして、現役を引退することになりました。

チームへ入団してから出場機会があまりなく、プレーヤーとして辛いことも多々ありましたが、皆さまの温かいご声援のお陰で最後まで精一杯やりきることが出来ました。


応援してくださった皆様には心から感謝しております。ありがとうございました。
これからはスタッフとして、チームの勝利に貢献していきます。
今後とも温かいご声援をどうぞ宜しくお願いいたします。

マネージャー 大橋 秀俊

この度、第67回黒鷲旗男女選抜大会を持ちましてチームを離れ社業に専念することになりました。

旧豊田工機STINGS時代からV1リーグ・Vチャレンジリーグ合わせ13シーズンもの間、大好きなスポーツに携わらせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
このように長い間続けられたのは、日頃からご支援いただいている職場の方々や温かくサポートしてくれた家族、両親をはじめ、私を支えて下さった全ての方々のおかげと強く感じております。



また、温かいご声援を下さるファンの方々の熱意を感じる度に、ジェイテクトSTINGSのメンバーとして誇りを持って活動させていただくことができました。思い返してみれば、決して楽しい思い出ばかりではありませんでしたが、素晴らしいチームメイトと過ごせた日々は、私にとって何にも変えられない宝物です。

STINGSで日本一になる夢は叶えられませんでしたが、今後、必ず成し遂げてくれると信じております。
最後に、長い間チームに携わらせていただき私は本当に幸せ者だと感じております。
STINGSの更なる活躍を期待しております。

TOP

MENU