これまでの2名への温かいご声援誠にありがとうございました。

第68回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会をもちまして、松原広輔選手(#10)と清野真一選手(#5)が引退することになりました。

これまでの2名の選手への温かいご声援誠にありがとうございました。

#5清野真一

この度、第68回黒鷲旗をもちまして現役を引退させて頂くことになりました。

8年間多大なる応援ありがとうございました。
お世話になりました皆様のご理解、ご協力大変感謝しております。



チャレンジリーグ時代に入団し、入替戦での逆転勝利を経て念願のプレミアリーグ昇格。
2016/17シーズンではFINAL6を勝ち抜き、FINAL3の舞台でコートに立てた事は、私のバレーボール人生の中で最高の瞬間でした。

今後は皆様と同じSTINGSファンとして、共に応援をしていきたいと思います。
8年間本当にありがとうございました。

 

#10 松原広輔

この度、第68回黒鷲旗をもちまして選手生活を終え、
現役引退することをご報告させていただきます。


2007/08チャレンジリーグから2018-19V.LEAGUEの12シーズンに亘り、応援していただき本当にありがとうございました。骨折やアキレス腱断裂などの大きなアクシデントもありましたが、ここまで現役を続けられたのも皆様のあたたかいご声援があったからこそだと思っております。


今後については社業に専念することになります。約20年間続けてきたバレーボールの無い生活は正直今は想像できませんが、バレーボールを通して培った不屈の魂とチャレンジ精神で頑張っていきます。

長い間本当にありがとうございました。
これからもSTINGSへの熱い応援をよろしくお願い致します。

TOP

MENU